雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 横綱の休場
2018年01月23日 (火) | 編集 |
稀勢の里殿
気力は体力をつけてこそ養える。
怪我を治し、万全を期すまで休場を続けなさい。
じゃないと、稀の字が怖いことに (-_-;)

白鵬、君は引退するまで休場していなさい。

スポンサーサイト

 生きる
2018年01月02日 (火) | 編集 |
家族の全てを見送って3回目の年越しを終えた。
1回目は寂しさを紛らわすために年末年始のアルバイトをした。
おせちを作る気も起きなかったので バイト帰りの大晦日に寿司折を
買った。 全くもって砂を噛むように不味かった。
以来、大好物である生寿司の折詰を自分のために買うのはやめた。

2回目は癌と闘病していた従妹の話し相手として過ごした。
遠くに住んでいるのでもっぱら電話なのだが、症状が悪くなる一方の
人に希望を持たせるのは辛い。
これが1年半続き、5月に終わった。

今回は暇だった。
掃除、片付けなどやるべきことは既に終え、おせちは旨煮のみ作った。
仏前も花や供え物で飾った。
時間が余る。
このような時を持つのは初めてのような気がする。
過ぎた日々の反省をしても始まらず、来る年への期待があるはずもない。
とにかく何も考えたくなかった。

で、TVで黒澤明作品集をやっていたので観た。
何度も観た映画の中で初めてだったのが 「生きる」
これがヒジョーに暗い。
余命を知った主人公が与えられた短い時間をいかに終えるか。
なんでまた大晦日、よりによってこの内容。
白黒なので主人公の表情が余計に鬼気迫る。
途中でやめようと思ったが、結局最後まで観てしまった。

「生きる」
この永遠なる課題を年の終わりに改めて突きつけたのは神か仏か…
いや、自分自身なのだ。
カーン、カンカンカン、カーン


 朝ドラ 「わろてんか」
2017年12月15日 (金) | 編集 |
笑えない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。