雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 落ち葉拾い
2008年11月16日 (日) | 編集 |
黄色くなって枯れ落ちたもみじの葉。
「そうかいそうかい、落ちたかい。 今年も1年頑張ったねぇ。
だけど、あんたは大きくなり過ぎ! 雪が積もって足場ができたら
太い枝ちゃんは鋸で切られることになるねぇ。」
などと話しかけながら、週に何度か落ち葉拾いをしている。
家の前があまり汚くても申し訳ないが、枯葉が舞い落ちている道路は
季節の風情があって好きである。
寒い朝に降りた霜で、白くキラキラ光る縁取りを得た葉っぱ。
薄氷でできたガラス天井の下で、赤や黄色をより鮮明に輝かせている葉っぱ。
なんと美しい自然の創造物であろう。

「ああ、あともう少しでみんな散ってしまうねぇ。」
木を見上げているところへ
「どうせ落ちるんだから落としてやっか。」
近所のおじさんが竹箒でバサバサ払い落としてくれた。
せっかくきれいにした道路が枯葉の山。
「余計なことだったかい。」
「いいえ、そんな‥。 ありがとうございました。」

実に余計なことでござんした。
残された力を振り絞り、かろうじて枝に留まっている葉っぱを無残にも。
木だって素っ裸になるには心の準備ってものが。
最後の一葉』 って物語もあるだろさ。
緑豊かに生い茂っていた葉が色あせ、少しずつ枯れて地面に落ちる。
落ちてなお、ひと時の輝きを見せる。
ああ、黄昏ゆく私の人生に光は‥
この哀愁、濡れ落ち葉のおじさんには分かるまい。

放って置けば、風に吹かれて遠くに飛んで行ったものを、ゴミ袋を1枚
余計に使うことになった。
小さな親切大きなお世話 ついでにゴミステーションまで持ってって。

スポンサーサイト

 自民党の得意技
2008年11月13日 (木) | 編集 |
首投げ

相撲では攻め込まれた際の 窮地の策 として用いる場合が多い。

失敗するとすっぽ抜けて押し倒される。


丸投げ

欠点としては 狙うと技の構造上 脇が甘くなり、懐に入ってからの
速攻に対応し難くなる点などが挙げられる。

また仕掛けに失敗すると側面、最悪の場合背後を無防備な
状態で相手に晒してしまう
リスクも存在する。

[続きを読む...]
 税金の無駄遣い!
2008年11月07日 (金) | 編集 |
  newsp.jpg

全額を国民に返せ! 増税はその後に語れ!


 オバマ ヴィクトリー
2008年11月05日 (水) | 編集 |
アメリカの 新しい夜明けを待つ声と力は 個々にあり

我が国の 新しい夜明けを告げてくれるは 鶏のみコケコッコー


 5歳若返られる?
2008年11月02日 (日) | 編集 |
約半年振りにヘアカットしてもらった。
それまでは自分でカットしていたので後ろは滅茶苦茶だった。
前から見れば、それほどひどくはないと自分では思っていたのだが
半額セールのチラシに気持ちが大いに動いた。
30年も通い続けているところは髪質・好みを熟知してもらっており
大変信頼しているが、この際置いておこう。
初めての店なので不安もあるが、1,580円は失敗しても惜しくない金額だ。
何より広告に 「5歳は若く見せます。 特に団塊世代の方。」 とあった。
私は団塊世代よりはちと若い、わざわざ断るのはテーマのせいだ。

「いらっしゃいませー! 今日はいかがいたしましょう?」
「カット! 半額セール! 5歳若く!」
「お誕生日カード作りませんか?」
「作りません。」 
多分再びは来ないと思うが、出来上がり次第。
渡された個人情報記入欄の年齢は不詳にしておいた。
あーだこーだと注文をつけて、それなりに仕上げてもらった。
「んで、私は幾つに見えるの?」
「50歳ちょっと?」
なーんも変わってないんだし! 

そのあと、証明書の写真を焼き増しに行った。
実は8年前のものなのだが、ある写真家がプロフィール用に撮ってくれた
もので大変気に入っている。が、古過ぎるのかフロッピーを読み取れない
とかで、担当者が戻るまで待つことになった。
「8年前のというのは、ちょっとスゴくないです?」
そりゃそうだ。 が、今は痩せ過ぎていて写真を撮る気にならない。
それでも久し振りにプロの手が入ったヘアスタイルだし、受付の方の
勧めもあって、一応挑戦してみることにした。

そのおばさんはいたっておしゃべり饒舌だったので待ち時間が短く感じられた。
「そんなにやつれては見えませんけどね、ホント!」 初めて見る顔なのにかい‥
「頬のこけ方がねぇ。とにかく写真を撮って、見てから決めるわ。」
「私の脂肪をあげたい わぁ、ホント! 羨ましいわぁ細いって、べらべらべら。」
「ところで私、幾つくらいに見えます?」
「50歳代ですよね?」
やっぱり、変わってないんだし!


[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。