雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 イエスタディ ワンス モア
2009年04月27日 (月) | 編集 |
歯医者通いを始めて2ヶ月になろうか。
週に一度、仕事が終わってから予約の時間に駆け込むせいか
毎度のように繰り返す失敗がある。

先ず、診察券の提示。
朝、財布の一番前に入れて準備してあるのにかかわらず
見つからない。 焦るほどに財布の中はぐちゃぐちゃ。
「なくてもいいですよ。」
言外に早く診察台へと促している。
診療時間の終了が迫っているからだ。
「あ、ありました!」
ちゃんと一番前にあるのが見えていない。
老眼が進んでいるせいだ。

「口を漱いでください。」
水栓を囲んでいる場所に口を近づけすぎてぶつける。
今時の器具は水が出すぎないようになっているのに
感覚がはるか昔のままだ。

「では噛んでみてください。」
「いてっ!」
早すぎて先生の指を噛む。
勢いがあるので、かなり痛いだろうと思われる。
「オレ、患者に指噛まれるんだわ。 猫じゃないぞ。」
噂になっているかもしれない‥

治療が終わると
「メガネを忘れています。」
「あ、すいません。」
「あの、ハンドバッグを‥」
「わぁー、もう全く! 歳は取りたくないものです。」
「お大事に。」

Every Sha- la- la-la
Every Oh, no !

yesterday once more  プリーズ!


 マクドナルドハンバーガー
2009年04月13日 (月) | 編集 |
更新が遅れるのでどんどん過去の話になってしまうが、WBC優勝
割引セールのおかげで日本マクドナルド、3月29日の全店売上は
創業以来最高の26億4千万円 という記事が載っていた。
想像のつかない金額である。

上記とは全く無関係にマクドナルドのハンバーガーを食べた。
株主優待券、普通に食べて一食分が無料になる券をもらってあった。
そうでなければ一生食べないだろう。
6枚つづりだったので6食分が浮くはずだった。
が、こういうものをもらうと分けてあげたくなるので2枚を残した。
店頭で迷わないようにメニューの下調べし、テイクアウトもできることを
確認して買い求めた。
若者に混じってオロオロするのも嫌だし、セルフサービスの店は苦手だ。

手も食器も汚さなくて済むと思い、帰宅が遅くなる日を選んだ。
無料だし 家で食べるのだからとゲットしたメニュー

bigmac.jpg     sidesalad.jpg


ドリンク券もあったのだが、さすがに持ち帰るのは無理だろうとやめて、
ミルクティーを作った。 もちろんティーパックにポーションミルク。
どこまでも簡単なのだ。 が、緑茶にすべきだった‥

先ずサラダ
「ふたを取ってドレッシングをかけ、ふたを戻してシェイクするといい」
説明書きは読んでみるもの。
が、ふたを開けるのに手間取って壊してしまった。
仕方なく出した食器の中にガバッ。
生野菜は久し振り、ゴマ風味マヨネーズ和えというのも美味しくて
パクパク入った。

どんなに大きな口を開けようと絶対にこの三段は入らない。
パンにどこまでくっつけて食べるか迷ったため、汚したくない手で
上のパンを取ってみたり戻したり、パンだけ食べたら笑い話だぜ。
ハンバーグをつけてひっくり返して食べた。

作って30分くらい経っているせいなのか、スーパーに並んでいる
冷めたお弁当のおかず‥

あくまでアメリカ風に食べたかったから、というより 箸を使うという
上品な習慣が何故か急に忘れ去られたために、手指はギトギト。

ついてきたフォークに紙ナプキンを巻きつけ、その下のレタスを食べた。
プラスティックのフォークは実に使いづらく、ここでも指を使った‥ 
サラダと全く同じ味だった。
くどくどくど 
このあたりでやめておくべきだったが、ここでもむきになった。
もしかしたら違う味が出てくるかもしれない。
やっとパンにはさんで食べられる。
太らないといけない。

ぎぇーっ、どこまで食べても同じ味!プラスチーズ
ある場所へ何度も通って寝るに寝られぬ夜となった。


感想 雅なマダムにビッグマックは似合わない
教訓 貧すれば鈍する  



[続きを読む...]