雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 定額給付金の使い道
2009年06月08日 (月) | 編集 |
定額給付金の申請書がやっと届き、早速に提出した。
もう申請を済ませているとか、既に使ってしまったという話も聞いていたので
市内でも特に遅く配達された地域に住んでいることになる。
今、雪の影響は全くないわけだし‥

問題多々ありの給付金であるが、くれるというものを断る環境にない。
そして、私にとってはどの使い道にも不足で、振込みされたら自然消滅する金額だ。
このところ予想外の出費が続いている。
テレビも壊れたままだ。 
ほとんど見ないので生活に支障はないが、悲しい‥
そこへ、飼い猫の歯周病が悪化していよいよ病院行きとなった。
そうだ、給付金を充てよう。
猫用の貯金があったのだが使い込んでしまった。
そのせいで連れて行くのが遅くなったわけではない。

非常に臆病な性質で大の病院嫌い。車に乗るのも命がけだ。
心臓の鼓動が早鐘のように打ち続け、四肢の裏は汗でびちょびちょ。
車中で息絶えてしまうと思うほど興奮する。
そして薬も絶対に飲まない。
事情を話し、入院せずに抜歯して返してもらうよう頼んだ。
以前、入院させてひどい目にあった。
猫だって涙を流すのを知っているだろうか。
真っ赤に泣き腫らした目で帰宅し、約1週間は信頼を取り戻せなかったのだ。

自分も歯医者へ行って5千円を支払いし、約束より30分早く迎えに行った。
声だけでも聞かせておかないと‥
「ギャオーーン!」
おお、よちよち。
今回は割りと聞き分けよく、それほど怒っていないようだ。
麻酔から完全に覚めていないせいだろうか。
ま、どうでもいいから早く連れ帰りたい。
いざ、お支払い。
3万631円 です。」

ギャオーーン!