雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ああ、愛しき猫たちよ
2015年03月23日 (月) | 編集 |
thDS4XHITV.jpg


日々お邪魔しているブログに愛猫の死が遂に載った。
腫瘍を舐めてかさぶたを取ってしまうので、飼い主は何度も
試行錯誤しながら、腫瘍を覆う洋服を作って着せていた。
その全てが愛情溢れる可愛らしいものだった。
私にはきっとそこまで出来ないだろう…頭が下がる思いでいた。
腫瘍が確認されてから一年近く生きた猫。
飼われてから最も幸せに満ちた時を過ごしたのではないだろうか。
幸いに痛みもなかったことだ…
棺の中の顔は実に安らかである。

私の豆太郎も肺に大きな腫瘍があると言われてから一年以上生きてくれた。
その診断を受けて一緒に帰宅した時、私は大泣きした。
声を上げ、身をよじって泣いた。
忙しさにかまけ、彼の体調に気づかなかった。
入院のため留守にしたショックで食欲を失っただけと思っていた。
彼も私と同じように日々、ストレスを抱えていたのだろう。
母亡き一年後から働き始めた私。
日中は誰も居ない寂しさをかみしめていたのだろう。

猫は実に賢い。
飼い主に別れのため、心の準備をさせてくれる。
私はあらゆるキャットフードを試し、手作りもしてみた。
幸い食欲は戻ったが少しずつ痩せて来て、20歳近い齢による耳や舌の
衰えが始まった。しかし、ボケがひどくならない内に見事に逝った。
その一年余りで、存在の大きさ、愛の深さを教えてくれた。
喪失感は言葉にできない。
前述の飼い主のような世話を出来なかった私を許してくれるだろうか。
豆太郎よ…

スポンサーサイト

 春?
2015年03月01日 (日) | 編集 |
      nekoharu.jpg


三月に入った。
このままで行くとすると、私の住む地は例年に無く早い雪解けになりそう。
すでに道路には ほとんど雪がない。
先日、その状態の道路をプラスチックのそりで買い物品を運んでいる
お婆さんがいた。 ガラガラと音を立てて…
椎間板ヘルニアの症状が良くならないので、母の使っていた木製のそりを
捨ててしまったことを後悔した、明日は我が身と…
やがて、車の運転をやめる日が来るだろう。
年齢の問題より先に、 的にを持てなくなると思われる。

珍しく、ヘルニアに対するリハビリは続けている。
ビンボーに不健康は怖い…






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。