雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 風立ちぬ
2015年09月03日 (木) | 編集 |
世界的にも患者数の希少な難病ゆえに治療法も無く、余命1~2年と
宣告されてから3年と2ヵ月。
病の特徴的な倦怠感を抱え、症状変化の激しい日々、多くの友人との
会合、そして旅行を楽しみ 精一杯生きた。

今年になって残された寿命を悟っても、病状の変化を多く語ることなく
誰にも別れを告げる素振りをしなかった。

信頼できぬ医師のもと、嫌がっていた入院をわずか3日で孤高な戦いに
終止符を打った。

病室で、この3年間は楽しかったと云い、別れの言葉とした。
病状の急激な悪化に戸惑ってはいたが、前夜の穏やかな寝顔が最後に
なるとは思ってもみなかった妹にとって、何よりの救いを残す 見事な
逝き方だった。


289.jpg
    子供の頃に住んだ街で釣りを楽しんだ岸壁

「お母さんがサイホンでコーヒーを入れてくれた夢を見た」
盆の入りに迎えに来たのは最愛の母だったのだろうか…
その懐かしくも温かい胸に抱かれ、疲れた身体をゆっくりと癒し
あちらこちらへと 好きな旅を続けることを願う。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。