雅なマダムの笑劇場 直球・カーブ・変化球 魔球はどこへ落ちるやら  コメント欄も小劇場
 慰めの言葉
2016年02月28日 (日) | 編集 |
昨年の8月と今月、ちょうど半年の間に かけがえの無い人を失った。
奇しくも、その二人は同じ頃に病名こそ違え、治療法の無い病を得、
闘った末に逝った日にちも同じとなった。

最近 頂戴した励ましのお言葉

逝ってしまった人たちの為にも、前向きに日々精進いたしましょう。」

脳天をハンマーで殴られた上に、心臓を出刃包丁でぐっさりと刺された気がした。
いっそ何も言わずに穴を掘って埋めて欲しかった。
因みにこのお方は僧侶ではない。

人を元気付けようとして発する言葉の難しさよ。
心根の弱い私は やはり もう暫く引きこもっていようと思う。